”褒め上手”になる為のたった1つのコツ。キーワードは「裏の顔」

tsuruno30_TP_Vのコピー.jpg

他人を褒めるのって意外と難しいですよね。
褒めるポイントを間違えてしまうと、イヤミっぽくなってしまい逆効果になる事だってあります。
誰もが気が付く所を褒めたって、相手にとってみたら言われ慣れているかもしれません。

キレイな女性に「キレイですね」って言ったり、仕事ができる人に「仕事早いですね」なんて言っても、きっと印象には残らないでしょう。
恋愛やビジネスにおいて、褒めた事を印象付けることは大きなメリットです。

ではどのような褒め方をすれば、「その他大勢」から「スペシャルな1人」として思ってもらえるのでしょうか?


スポンサーリンク









人は誰しも「裏の顔」を持っています


「二面性」と言い換えてもいいかもしれません。
人間は必ず”アンビバレンス”という2つの側面を持っている物です。表に出している部分の真逆の部分が潜在意識の中にあるハズです。

この裏の部分を褒めると、褒められた人は自分の中身を理解してくれているんだな、という気持ちになります。要するに潜在意識にアプローチができるっていう事です。

EX1.)誰もが認める超イケメンを褒める場合

「ホントにカッコいいですよね」
⇒うん、言われ慣れてるから別に印象に残りませんね。

「意外としっかりしていて真面目そうですね」
⇒あれ?あまり他人から言われた事ないな。なんだか嬉しいぞ。

EX2.)いつも盛り上げてくれるムードメーカーの女子を褒める場合

「いつも明るくて元気いいよね」
⇒特に意識してないですし普通ですけど。

「細かい所によく気が付いてくれるから助かるよ。落ち着いてるしね」
⇒あれ?本当の気持ちを分かってくれている?なんだか嬉しいな。

EX3.)みんなが振り向くような芸能人レベルの女子を褒める場合

「いつもオシャレでキレイだよね」
⇒ああ、ハイハイ。別にいつもの事だけど。

「割と家庭的でいいおかあさんになりそうだね」
⇒あれ?家族にしか見せていない一面を褒められた?なんだか嬉しいわ。

どうですか?
こんな褒め方されたら嬉しくないですか?間違いなくあなたの事は強く印象付くハズですね。

YUKA863_korekore15202501_TP_Vのコピー.jpg

 「本当の自分を分かってくれている」


逆転の発想って事です。
見た目からイメージできる部分は「表の顔」です。これは誰でも簡単に褒める事ができるポイント。
あえて見た目からは想像のできない、真逆のイメージを褒めてみてください。
「この人は内面まで分かった上で褒めてくれているんだ」と思ってもらえます。

相手がコンプレックスに感じている部分をわざとプラスの要因として褒める、という事も難易度は高いですが効果的です。

身長がそれほど高くない人には「小柄でカワイイよね」
作業が遅くて悩んでいる人には「落ち着いて仕事しているから安心できるね」
自分では天然キャラを受け入れられていない人には「いつも雰囲気に癒されるよ」

等、自分ではデメリットと感じているな、と思う所をプラスの言葉で褒めてあげると絶対に喜ばれます。

但し、いきなり踏み込みすぎた言い方は逆効果なので注意しましょう。プライベートすぎる内容や容姿を必要以上にいじるのはマイナスです。
”裏の部分”を褒めるといっても、全く見当違いの事を褒めても意味がありません。
相手の事をある程度分析する目利きも必要ですね。


ビジネスでも応用ができる


最初に注意。
「褒める」事=「お世辞」ではありません。
コレを勘違いしているビジネスパーソンが多いです。

成績の良い営業マンは概ね褒めることが上手です。
それは何故かというと、相手の人となり、内面にはどのような物を持っているかを見抜く力があるからなんです。
相手の心の内面を褒める事によって信頼を勝ち取る事が出来たら、その後の商談も盛り上がりますよね。

褒める事が上手な人=他人を観察することに長けている

という事です。
まずは観察眼を養う事が、褒め上手になる近道と言えそうですね。


この記事のまとめ


他人を褒めるポイントは

・恥ずかしがらずにストレートに
・決してウソはつかずに
・まずは観察から

褒められて喜ばない人はいません。
褒めテクニックを身に付ければ、恋愛やビジネスにおいての人間関係も円滑に作っていけるハズ。

まずは思い切って身近な人を褒めてみましょう。
きっと楽しい関係が築いていけると思いますよ。


・この記事に使用している画像は、ぱくたそ様よりお借りしています。










この記事へのコメント