ほとんどの自称youtuberには欠けている物。プロ意識って本当に大事ですから。

2.15tt.jpg

こんにちわ。
ついに職場でもギリチョコのシステムが無くなってホッとしているsai(@noritama77777)です。
これで1月後に余計な気をつかわなくて済みそうです。

スポンサーリンク




「ネットを使って簡単に稼ぐ方法!」


かなり使い古されたフレーズね。

僕もちょっと興味あったから、いくつかかじってみた事もありますよ。

関連記事:


かじっただけで全然継続出来てないんですけどね。

全てに共通して言えるのは


「ある程度ガマンしてつづける事が一番大事」


って事。


そんなチョチョチョイってやっただけで生活できる様な方法あったらみんなやってるよね。

で、僕自身は全く興味も適正もやる気も無かった事が1こありましてね。


2..15.jpg

Youtuberという職業。


っていうか「職業」として認知されている事が単純にスゴイな、と。

広告収入のパイのでかさを象徴してますよね。


トップyoutuberにもあると、その収入は想像もつかないほどデカい。

そりゃあみんな参入しようとするわな。

まあ、僕だってこのブログにアドセンス貼ってたり、アフェリエイトリンク貼ったりはしてるので、そういう意味では小金稼ぎが出来たらいいなとは思ってます。

だから別に否定はしないし、エラそうな事を言うつもりは1ミリもない。


ただ、機材とちょっとした知識があれば、誰でも出来てしまうという間口の広さが気になってるんです。


2..15..jpg

Youtuberとして収入を得るには覚悟が必要


トップランクの方々は本気で取り組んでるのが結果からも分かりますよね。

きちんとした計画、段取り、周りへの配慮、動画配信のスキル、全てにおいて「プロ」を名乗れるだけの背景があるんです。


だけど、ここ最近目に付くのが

「クラスでちょっと面白いヤツって言われてるからいっちょやってみるか」

的なはじめ方をしてる人達。

僕もブログを書くようになってから、以前よりもyoutubeを見る機会は増えました。

いっぱいいるんですよね。

プロの世界をナメくさってるアマチュアレベル。


仲間内で「破天荒」だ「怖い物無し」だ「天才的」だ言われてるくらいのガキがさ、チョーシのって見切り発車で上げてる動画って、ほぼ100パーの確率でスベり倒してるんだよ。

盛り上がってるの本人だけ。

百歩譲ってカメラ回してる友人とか取り巻きの何人かだけが大声でわめいてるくらい。

もうね、居酒屋でやってくれよ、と。

街中で人の流れを止めてまでやる事じゃないでしょうよ、と。


「動画撮ってるからちょっとココ通行止めね」

なんて言われて納得できるか。

いつから動画撮影が街中の最優先事項になったんだっていう話。

でもコレって、普通にテレビ番組のロケでもおんなじ対応だから仕方がないのかも。

昔、会社の近くでドラマのロケやってて(なんと月9、元SMAPの木○君主演のドラマ、撮影で来てたのは山○智○さん、ドラマのタイトルはロンバ○)、その時もこっちは普通に電車乗る為に駅に向かって歩いてただけなのに、メチャ上から言われたもんね。

「ここ通らないで!!」

「声出して歩かないで!!」

って。

何様だよって思ったもんね。


2..15...jpg

ダメダメyoutuberの言い訳


んでね、大体こういうヤツらの言い分はどれもこれもコピペ出来る様な感じ。

「オレらは好きな様にやってるだけ。周りに迷惑かけてないからほっといてくれ」


そこまで言われたらほっとくしかないんだけどね。

それでいいのかなって。

仮にも機材揃えたり、仲間集めたり、始める前の情熱はもったいなくないんか?

ほんの少しかもしれないけど、応援してくれてる人もいるんじゃないか?

ま、ヒトゴトヒトゴト。


そうそう、「周りに迷惑かけてないんだからウンニャラカンニャラ」って言ったけど、あれはウソだ。

あ、ウソだとは言わないけど(どっちだよ)、みんながみんな迷惑をかけてないって断言はできなかったね。

チョーシこいて大迷惑かけてるヤツいっぱいいたね。


コンビニの商品になんかやっちゃったり、チェーンソー持ち出したり、バカがいっぱいいたね。


えっと、「こんな悪いこと出来ちゃうオレ、スゴイでしょでしょ」

っていう自慢したいのかな。

だとしたらみんな「スゴイな」って思ってるから安心していいと思う。

「スゴイな」の次にくる言葉やその中に込められている意味は自分で考えようね。

もしそれも考えられない様なら、それこそ街中で聞きまわる動画でも撮ってみたらどうだろうか。



で、僕が何を言いたかったのかっていうと


なんだか後半からはタダの悪口になってしまった感が否めませんが。

どんな仕事でも周りへの配慮を欠いたら絶対にうまくいかないから。

仮にもプロを名乗って収入を得ようとするのなら、それ相応の準備と知識が身についてからじゃないと厳しいんじゃないかな。

って事が言いたかったんです。


更にいうと、今こういう記事を書いた理由はね、たまに登場する同僚が珍しくミスをしたんです。

そしたらその言い訳がもう信じられないくらいお子ちゃまっぽくて。

お前、プロかよ、それで……


って思ったから。



hitokoto.jpg


「○○を弾いてみた」っていうのは勉強になるからよく視聴します。

「○○を歌ってみた」っていうのはどうなんだろう?

需要あるのか?



この記事へのコメント